食事制限だけによるダイエットは痩せられない・・・

 

ダイエットというと、大幅に食事量を減らして痩せようとする食事制限によるダイエットをイメージする人が多いと思います。

しかし、大幅に食事量を減らしても痩せられないことが多く、逆に、痩せるどころか、食欲を我慢することでストレスが溜まり、その反動で過食状態に陥ってしまい、激太りするケースが多くあります。

過食状態になれば痩せられないのは当然ですが、食事制限だけによるダイエットで痩せられない原因は、他に致命的な問題があるからです。

そもそも人の体は、大幅に食事量を減らすと体内の細胞や内臓器官などは、効率良くエネルギーを摂取しようと働き、自然と食欲も増してきます。

そのために、食事制限が難しくなるわけですが、それでも我慢して数日間、食事制限を続ければ、確かに、体重は減ってきます。

ですが、その減った体重の中身が何なのかが、重要です。

本来、ダイエットの目的は余分な体脂肪を減らすことですが、食事制限だけで落とした体重の中身は、体脂肪より筋肉のほうが多く消費されてしまいます。

このように、筋肉量が落ちてしまうことがダイエットをするうえでは致命的な大問題になります。

どこが問題かと言うと、健康的に痩せるには、基礎代謝量を高めることが最も効果的な方法になります。

基礎代謝とは、人が生きていくために最低限必要なエネルギー代謝のことで、体温を維持したり、心臓や内臓を働かせたり、呼吸をしたりと、さまざまなことに使われるエネルギーです。

この基礎代謝は、一般的な社会生活をしている人で、1日の総消費カロリーの約60~70%を占めており、残りの運動などに消費される分は、活動代謝と呼ばれています。

基礎代謝量が高ければ、特に運動などしなくても、それだけで1日あたりの消費カロリーが高くなって痩せやすい体になるということです。

そして、体の中で最も多く基礎代謝が消費される器官は筋肉です。

ですので、食事制限によって筋肉量が減少してしまった体は、基礎代謝量が低下して太りやすい体になり、ダイエットするには致命的な大問題になるというわけです。

食事制限した後に、よくリバウンドして激太りする人が多くいらっしゃいますが、この理由は、筋肉量が減少して基礎代謝量が低下しているにもかかわらず、前と同じ食事量に戻せば過食になるわけですから太るのも当たり前ということです。

このように食事制限だけによるダイエットだけではなかなか痩せられないので、まずは、基礎代謝量を高めるために、筋肉量を増やす筋力トレーニングを始めましょう。

それに加え、体脂肪を燃焼する効果のあるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行えば、理想的なダイエットになります。